アンナプルナ農園花鳥日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 《緑の箱船》
 
 みなさまどんな秋色の日々を過ごしていますか?
 農園では10月の初めに稲刈りを終え、のんびり竿にぶら下がって
日光浴していた稲を先日脱穀しました。 春、一粒一粒の小さな生命
だった種たちは超異常気象の中をアイガモたちと力を合わせて育ちました。
決して満足のゆく稲ではないけれど激動の2007年を共に生きたかわいい
かわいいお米たちが愛おしい。このお米の一粒一粒からエナジーをいただき
明日の生きる力となるんだなあ・・・。すべては循環しているという感覚に
いつも目覚めていれたらなあ・・・と思う今日この頃です。
 秋分を過ぎて。。。長年の夢だった「ファイアースペース」作りがいよいよ
現実に動きはじめました。先日このプロジェクトのカッチョイイ頭領、浦松
さんと阿部さんお二人に来ていただき現場でイメージをふくらませました。
できるだけ廃材やある物を利用して想像力を使って造りたいと思っています。
私の頭の中は《不定形なバーバパパの家》《ニョキニョキと生えてくるきのこ
のような家》《ムーミンの家》《トトロの住み家》《トロピックウタキ風呂》
などなど、どれもおとぎ話のようなふわふわイメージばかりで
「ごめんね頭領・・・」って感じなんですが、今回も現場に棒を立てヒモを
張っていた時に
「亀の形にしてみませんか?」って言ったら頭領たち妙な顔ひとつせず
「いいねえ亀にしようしよう!」って亀の形を作ってくださいました。
そんなコロポックルのような心やさしい大工さんたちと仲間たちで産み出す
《火を焚く家》ってどんな家になるんだろう?
 そこはまず電気を使わない家。
 森のおかあさんに包まれて火を囲みこどもたちも大人たちも笑顔に溢れ、
おいしいごはんがあって、音楽が溢れている場所。
 お母さんや子供たちがお料理やお洋服つくりなど自然な暮らしや衣食住や
森に関して学ぶ場。。。そんな火と水と大地を敬う地球家族の平和な息吹が
産み出されてゆくような場所になるといいなあ。。。
 一体何が生まれてくるのかしら?未知なる生き物?を産み出す創造の
プロセスを楽しみながら造りたいと思います。建築の知識がないチコと
私なので大丈夫かなあ?と心配になる事もあるけれど、今のところ困った時
には予想もつかない方法で新しい道が開かれて一歩一歩前へ進んでいます。
きっとこのファイアースペイスはみんなの場として開かれて行く運命にある
んだろうな。だから最初からたくさんの人が興味を持ち関わって来て下さる
のだと思います。
 先日、ファイアースペースの柱になる杉を農園の中心にある杉林から20本
間伐しました。その林はもう何年も前から暗~い森で間伐をしたかった場所
でした。山仕事の達人お隣のカッチャンが颯爽と登場し、ちょうど間伐をし
たくてたまらない~!と言っていたムビラトロンのotoさんと龍ちゃんも一緒
に間伐をする事になりました。
 浦松さんから、木を切る時には、すべての木にお祈りをしてからお神酒を
かけてくださいと一升瓶のお酒を渡されていました。かっちゃんが間伐する
木を選ぶと、お祈り係りの私は一升瓶から杉の根元にお神酒を捧げます。
そうして「森のおかあさん、杉の神さま今までこの森に生きてくださって
ありがとうございます。これからもファイアースペイスの柱として私たちを
お守りください。ご活躍ください。」と祈り、大好きだよ~って杉の木に
ハグハグしてお祈り完了です。そうして勇ましい男子のみなさんがチェンソー
でウィ~ンと切るのです。そのように1本1本心を込めて間伐してゆくと、
暗くて淋しい雰囲気の森にみるみる光が射して明るくなってきました。
ああ間伐ってすごい!こんなにも間伐をする事によって暗かった森の表情が
明るく嬉しそうに変化するなんて。。。実際に森の変化を見てしまうともう
マジっすか~!って驚きなんです。木を植える事は大切。でも森が健やかに
成長していくためには下草刈りや間伐など心のこもったお手入れが大切な
んだなあ・・・って改めて感じました。間伐をして森も喜び、森から柱のプレゼント
をいただいた。杉の木はファイアースペイスを支える柱としてこれからどんな
ドラマが始まるのだろう?そして私たちのどんな人生劇場を目撃するのだろう?
 森の中に勾玉風な形の石があったので、この森の神さまになってもらいました。
仕事を終えて石の前でお祈りをしていると、遠くからフシギな調べが聴こえてき
ます。アフリカの親指ピアノ、ムビラ奏者の龍ちゃんは森の精霊さんのように鳥
のダンスをしながら光あふれる森でムビラを奏でていました。キラキラとたくさん
の木霊たちが笑いながら踊ってるみたい。。。たくさんの森を愛する人たちの手
で造りたいと願っていた《緑の箱船》はこんな風に始まりました。。。これから
一体どんな物語が展開していくのでしょう?ファイアースペイスを創造する
プロセスでたくさんのステキな出会いが波紋のように広がるような気がしています。

 大洪水が起こるとを知ったノアが箱船をつくったように、崩壊してゆくバビロン
(物質文明)を脱出して、地球のお母さんを敬い大地に根をはり生きることを決めた
魂の兄弟たちはともに《緑の箱船》をつくるよ。。。         (ラビ)
スポンサーサイト
  1. 2007/11/06(火) 22:37:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3/29 ∞▲花鳥山◎森のつるとり▲∞ | ホーム | ありがとう森の感謝祭◎新たな展開>>

コメント

お久しぶりです。

来年1月JICAの研修でタンザニアに行かせていただくただくことになりました。それで、いろいろと調べていたのですが、アースデイのイベントから久しぶりにアンナプルナ農園という言葉が目に入りました。
そんなことで、らびちゃんのブログにたどりつきました。
すてきなブログだと思いました。木護の山を歩いたのを思い出ししました。
こっちは毎日吹雪です。
ではまた。
  1. 2007/12/06(木) 16:54:16 |
  2. URL |
  3. 北海道のはっちゃんだよ~ #SOowptEI
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/10/24(金) 22:53:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://annapurna.blog79.fc2.com/tb.php/32-89e72ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。