アンナプルナ農園花鳥日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

農園通信 06秋 <チコ>

 暑くもなく寒くもない、本当に気持ちいい秋風に、茶畑のすみのうすむらさきの野菊の花が、ニコニコとうれしそうにゆれています。
 お元気にお過ごしでしょうか?今年も沢山のお茶のご注文をいただきました。ありがとうございました。
 十月八日に農園で「森の感謝祭」を催しました。
 お茶をはじめ、私のからだと生活は、農園のお茶や野菜によって支えられています。その農園が抱かれている「森」と「山の神さま」に感謝をささげるお祭りです。このごろは商業主義にのっとった派手なお祭りが目立ちますが、私が子供の頃には、産土の神さまを祀る素朴でにぎやかなお祭りが、村々に残っていました。
 祭りの日はとても良いお天気に恵まれました。夜明け前に山に登って、収穫したばかりの稲穂や野菜をお神酒や果物を神さまにささげ、日の出とともに感謝のお祈りをしました。 
 祭りの会場はお隣の内田さんの牧場。牛を飼っていない今は広々とした草原に広葉樹が植えてあります。お昼過ぎから人が集まりはじめ、だんご屋さん、カレー屋さん、パン屋さん、アクセサリーやフェアトレードの店など、みるみるお店が立ち並んでゆき、にぎやかな市場ができました。子どもたちも大勢、みんな安心して遊びまわっています。
 ステージはクヌギの森の前につくられ、昼間はちょっと日差しがきつかったけれど、きらきら耀き揺れる木の葉を背景に、多数のミュージシャンや詩人が、
多彩なパフォーマンスを繰りひろげてくださいました。
 夕日が花鳥山や会場を真っ赤に染めるころ、薪に火がつけられて、いよいよ盆踊りのはじまりです。熊本なのになぜか岐阜の郡上踊り。子供の頃に踊っていた郡上踊りが忘れられず、「あんな盆踊りを農園でやりたい」というのが、私の永年の念願だったのです。
 なつかしい笛と三味線と太鼓の音にあわせ、まずはみんなにフリを憶えてもらいます。「右手で月を眺め、左手で眺め、右に川、左に川、山に祈って、チョチョンガチョン」と手を打ちます。
 しだいに夜のとばりがおりてきて、大きな焚き火のまわりには、百人程の輪が出来て、ゆらゆらと人が揺れ、ゆらゆらと影が揺れ、ジャンベの太鼓も威勢よく、踊りも小馬の跳ね踊り、とうとうそのとき、十六夜のお月さまもじっとしていれなくなって、森陰から顔をのぞかせて、踊りの輪に加わりました。
 ほんとうに森に感謝できた日でした。
 今日は立冬です。こたつを出したり、ストーブの準備をしたり、冬支度をはじめました。去年の失敗に懲りて、今年は秋野菜を大切に作ったので、カブや大根、にんじんなど、暖かい根菜類がありがたいです。
 お茶のおいしい季節になりました。今年は豊作でしたので、お茶は沢山あります。ご贈答用に、2個、3個、5個入りの箱もございます。(各50円)
 農園から直接発送することもできます。
                                       正木チコ
スポンサーサイト
  1. 2006/11/12(日) 17:18:05|
  2. アンナプルナ農園通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 農園通信 06秋 <マイサ>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://annapurna.blog79.fc2.com/tb.php/3-bd70f7c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。