アンナプルナ農園花鳥日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏至◎六ヶ所村→阿蘇▲森の復活祭


夏至オメデトウマハロ~
六ヶ所村から阿蘇に帰りました~◎

六ヶ所村、想像以上に壮絶な場所でした。
六ヶ所村の自然の表情が今までに見たことのない様子だったので
本当にどう表現していいかわからなくて。。。
言葉が見つからないままです。。。
れんげやたんぽぽがあぜ道に咲いていました。
でもこんなに悲しそうに咲いているお花を見たのははじめて。
自然の中のお花や木はうれしそうにしているものだと思っていたけど
六ヶ所村は様子がヘンなのです。
一見美しい大自然なのに、不安と痛みと悲しみが常に大気を覆い漂っているような。。。
私はすぐに胸が苦しくなり息が出来ないような気分になり、
ちこはそのまま1日くらい花とハーブの里で倒れていました。
他にも女性で熱を出したり、胸が苦しくなる人がけっこういてびっくり。
そんな中で夏至、六ヶ所村にぞくぞくと押し寄せる、祈りを捧げる人たち。。。
70人以上はいたようです。
既にもう奇跡◎この場にこれだけの人たちがいることがフシギ。
朝まで降っていた雨が止み6/22walk9の最終地点吹越烏帽子山
に全員で登ります。森の中を歩く平和を生きる人たち。
まるで龍が天に昇るように、各地から集まった祈りのエネルギーは
ここでひとつになりみんなと一緒に山頂に辿り着きました。
再処理工場を目の前にして、出口信一さんが山頂で祝詞をあげてくださり、
定岳さんのお経、日本山妙法寺のお経、桑名晴子さんの歌、
サヨコオトナラの歌の奉納がありました。
後からてんつくまんも登場し すてきな歌を歌ってくれました。
さわさんも山頂まで来てすごかったなあ。。。
終わってからみんなで泣きながらのハグハグ大会。
空には雲たちがダンスをしながらがいっぱい集まっているようでしたよ。
「地球神話」のページが開かれた◎奇跡のような光景でした。

夕方からは花とハーブの里で火をおこすセレモニーをしました。
火の神さまに「私たち人間がもう二度と火を悪魔的に使用しません」
という誓いの心で準備をしました。
マイサのほら貝に始まり、晴子さんが火をつけて、奈良さんが
太鼓を叩き、再処理工場の方へと沈む夕陽と焚き火の火を
みんなで静かに見つめました。
桑名晴子さんが焚き火で「オハウ」というアイヌのお祈りの後に食べる
お料理をきみえちゃんと一緒に全員に作って下さいました。
野菜が沢山入ってとってもシャンティなお味でした。
ありがとう◎晴子さんきみえちゃん。

夜は焚き火の元で焚き火ライヴ。
Otoさんの司会で始まり、サヨコオトナラマイサチコラヴィで
木を植えましょうとオームシャンティを歌いました。
それからサヨコオトナラ、ピカレ、サイクラブ、カンペイくん、
ユカリシャス、サヨコオトナラ、早苗ねねさん、
そして桑名晴子さん◎本当にみんな素晴らしかった。
最後に晴子さんサヨコさんピカレそしてみんなで歌った「波」
が忘れられません。
walk9の始まりを思い出して泣いていました。

翌日はサヨコオトナラ号で八戸へ。
八戸はとってもステキな街でした。
せんべい汁っていう南部せんべいをお汁にしたものをいただきました。
美味しかった~~◎
サヨコオトナラのライヴはYamさんとフロアー近くで思いっきし踊って超楽しかったです。
八戸の人たち踊り好きでステキでした。
そうして6/24にはアースデイ六ヶ所へ
アースデイはPRセンターが見える運動公園の会場だったので
超リアルでした。
そんな中walk9を終えた若者たちは、みんなちょっとオシャレして
会場のあちこちに見え隠れしてて、面白い光景でしたよ。

まだまだ色んな事があったのだけれど、今回はスゴ過ぎて、
今はこんな報告しかできなくてごめんなさい。

阿蘇に帰ってからは、こちらも超展開早くて、松井ろくちゃん率いる阿蘇の男組み達が「森の復活祭」の時に花鳥山の頂上に立てるティピの整地にやってきました。男子の頼もしさに改めて感謝◎

そんな訳で7/7&8に森で一緒に働きませんか~?
夜のライヴもアンナプルナでは初めて演奏してくれるステキなミュージシャンばかりで、
焚き火にあたりながらほっこり聴きたいなあ って。。。すごく楽しみにしています。

                ◎☆◎☆◎☆◎

                《森の復活祭》 
           ~花鳥山下草刈り&森のうたキャンプ~

 森の復活祭は花鳥山に植林した苗木の下草を刈るという森仕事です。 草刈りという地味な作業ですが、赤ちゃんの森のために働くと森から愛と喜びのエネルギーを直接いただきます♪よろこびに満ちた森で汗をながして働く経験を沢山の仲間たちと共に経験したい!!森を愛する人達み~んなで共に働き汗を流して、夜は森のおかあさんに音楽を捧げる。。。そんな新しい社会のヴィジョンを生み出すような集いになったらステキだなあって思います。そんな感じで、下草刈りと音楽のキャンプインイベントを七夕に祭ります。みなさんと一緒によろこびの森で精霊や動物たちと働き、歌い、踊る2日間を心から楽しみにしています。
          あつまれ地球の森族♪                 正木ラビ 拝

日時 2007 7/7~7/8 *小雨決行 

場所 アンナプルナ農園 花鳥山    ☆参加費は無料です
住所 熊本県菊池市木護

作業時間 7日 広場集合 朝9時 作業開始 朝9時~12時 1時~4時
     8日               朝9時~12時 
              ☆★☆
*森のうた* ☆7日8日共に森仕事の後にはライヴが待ってるよ♪
 7日 正木高志&チコラヴィ
    マウスピース
    シタール奏者・岩井英幸&タブラ奏者・Shen Flindell
8日 正木高志トークライヴwithチコラビ
    川原一妙&トビウオリアキ
    レイラーニ
    
 (作業とライヴ時間は天候次第◎変更する場合があります)
☆7日お昼分はお弁当と飲み物は各自持参してください。夕食は7日8日共に森のライヴで出店があります。(カルカッタカレー&地元物産館だんご汁&おむすび)マイハシ&カップご持参ください。8日の朝ごはん&昼ごはんは《森の声》で用意します。☆7日~8日共に作業をしキャンプインされる方はご連絡下さい。近くに「ふるさと村」という民家があります。泊まりを希望される方は一泊千円です。寝具持参 要予約。正木まで。☆服装 作業しやすい服装でおこしください。手袋。長靴か運動靴(山は足場が悪いです)小雨の場合レインコートがあると快適。草刈り鎌はこちらで用意します。ライヴ参加の方は寒さ対策や蚊よけなど。
                             森林ボランティア《森の声》主催


スポンサーサイト
  1. 2007/06/29(金) 23:44:16|
  2. 未分類

祝◎walk9☆六ヶ所村到着



みなさん~~ナマステ~~

ついについにwalk9六ヶ所村に到着しました。
夕方マイサから嬉しそうな声で電話がありました。
本当にオメデトウございます。

歩いたみんなオメデトウ~お疲れさま。
疲れた身体を休めてね。
そしてwalk9の準備から関わってきた
みんなみんなみんな~オメデトウです。
マイサも本当にご苦労さまでした。

2005年の12月5日池袋でのwalk9初ミーティングの
日を思い出します。。。
最初からスゴイエネルギーだった。。。
集まったみんなの顔やその場の空気を思い出します。
当初白山まで一ヶ月位walkする予定だったマイサだけど
その場に鎌仲さんや花とハーブの里の菊川さんもいて
その時の白熱したエネルギーの流れで、マイサは突如
「3ヶ月六ヶ所村まで歩く」と宣言しました。
内心。。。農園の畑はどうなるんだ。。。と思いましたけど。笑 
6と9 その時に繋がった気がしました。

 全く何もないところから、それぞれ違う分野の人たちが
みんなひとつになり創造し生み出してゆく。生まれる力。
愛と平和のイマジネーションが、実際に松江から六ヶ所村まで
歩くという行為で実現した事が、なんて言ったらいいのかな。。
フシギです。奇跡に感じる。
毎日毎日歩いていたら気がつけば3ヶ月経ちゴールの日がきてしまった。
それは当然の事のようだけど、とても不思議な奇跡に感じます。
この奇跡を、はじまりの小さな種の時から経験させていただいた事に心から感謝します。

ヴィジョンやイメージを実際に現実化するってすごいな。
地球の平和は、ホクレア号がハワイからヤポネシアに来たように
walk9が六ヶ所村に辿り着いたように、、、こんな風にして、
愛と平和のヴィジョンを実際に一歩一歩この社会に実現してゆける、
そんな気持ちでいっぱいです。

もうすぐ六ヶ所村でみんなに会える事を楽しみにしています。

そして夏至の日、六ヶ所村で、火の神さまにお祈りします。
もう二度と、神聖な火を悪魔的な用途には使いませんと。

  1. 2007/06/17(日) 22:36:06|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。