アンナプルナ農園花鳥日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祝愛祝◎ダライラマ法王来日◎

タシデレ◎
今日はダライラマ法王が日本に立ち寄られましたね。
このタイミングで日本に来られた事を深いメッセージとして
受けとめています。
母なる地球に住む私たち地球人が直面している目を背けたくなるような争い、
差別、殺し合い、戦争、環境破壊という現実を直視し、自分自身の心にも実存的に
存在する争いの心を見つめて、今ここでいったい何ができるのか問い続けています。

2005年ダライラマ法王が阿蘇神社に参拝された時の写真に
庭の白いヒヤシンスを飾り、阿蘇でお迎えする気持ちで
一日を過ごしました。
3時から会見があるという事で生中継があるのかと
ドキドキしていたらどうやらなかったようですね。。。

やっと会見の模様を観る事ができました。↓


http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/dw/ng.html?m_url=080410075&n_url=106998



こちらは新月にダライラマが発表したメッセージです。

http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/message/080406_statement_to_all_tibetans.html


こちらの映像もダライラマの教えが素晴らしいです。

http://www.youtube.com/watch?v=XS6vTu3-9iE&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?id=772207710&owner_id=1993511


マハロ◎
スポンサーサイト
  1. 2008/04/10(木) 23:53:10|
  2. 未分類

春分◎Free Tibet ∞Love ダライラマ

379180873_14s.jpg
379180873_35s.jpg


 今日は春分ですね◎農園の水仙がかわいい花を咲かせています。世界の悲惨なニュースとは一見うらはらに春を待ちわびた草花たちはうれしそうに花開いています。
 この数日お茶の剪定をしながらもラサの暴動のニュースやダライラマ法王のことがずっと頭から離れませんでした。中国内ではユーチューブが利用できなくなったそうですが、昨日ネットでチベット関連の情報を探していたら
あまりにも惨い写真を見つけてしまいまたすごくショックでした。どんなに情報操作しようとしても、もうメディアコントロールする事が不可能なほど、真実がどんどん表に吹きだしているみたい。。。
 ダライラマは世界の中でも数奇な運命を今もなお生きてる方で、計り知れない困難と苦難を抱えて生きてこられた方。なのに世界中こんなにもたくさんの人達が国籍や国境を越えダライラマを愛して、救いを求めています。数年前ダラムサラでダライラマが法話をなさった時の事を思いだします。世界中から集まったダライラマをリスペクトする人々がぎゅうぎゅうに集結した群衆の中にダライラマが現れた瞬間、まるでそこに一条の明るい光が射したかのように心が洗われて深い喜びの涙があふれました。しかもその喜びの涙は私だけでなく周りの人たち全部が同じ状況で喜び泣いているのです。ダライラマは「宇宙の続くかぎり、そして生きとし生けるものがいるかぎり、私もこの世に留まって世界中の不幸を消し去ることができますように」と言われています。そんな慈悲の海ダライラマが暴動の首謀者である訳がありません。
 人間同士の殺し合いや、大地や海を痛めつけたり、動物たちを殺したりこんなムチャクチャな気が狂った国家や政治に委ねてるのは自分自身の責任だと最近感じています。今いったい何ができるだろう?まだ一農民にもなれていない私に。。。 まずはバビロンシステムにできるだけ帰属しなで生きる術を身に付ける事。もっともっと土に還ること。そして気づいた人たちとつながり、母なる大地と共に生きる平和なコミュニティーを生み出してゆきたい。
 国境や人種を越えて争いではなく平和な地球人に生まれ変わるために、今こそダライラマの謙虚な姿勢や非暴力のメッセージがすごく必要なんだと思います。ダライラマは母なる地球に平和に生きる人のモデル、平和のシンボル。。。
 足元に耕す大地がある事に感謝して、まずは自分自身の内に平和と調和を見いだす日々の生活を実践してゆきたいです。
2008 春分

http://www.youtube.com/watch?v=17pf-oPBjJI&eurl=http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=29100555&comment_count=18&comm_id=7228
  1. 2008/03/20(木) 10:23:22|
  2. 未分類

3/29 ∞▲花鳥山◎森のつるとり▲∞

みなさんどんな冬を過ごしていますか?
春がだんだん近づいて来ましたね。
ミクシ~ご無沙汰していました。今日はアンナプルナ農園の裏、花鳥山の
つるとりのお知らせです。春の森を感じに来ませんか?

∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ 

         ∞▲花鳥山◎森のつるとり▲∞

日時 2008 3月29日(土) 

参加  無料 

集合場所 熊本県菊池市 アンナプルナ農園 お隣のカントリーママ広場
 

朝9:30集合 
10:00~12:00 つるとり
12:00~13:00  昼食
13:00~15:00頃までつるとり
その後 歌とお話 うた (マイサ・チコ・ラビ) お話 正木高志
17:00 終了

つるとりは植林した木々に巻きついて、木の成長を妨げているつるを取る
簡単な作業です。木々の身体をしめつけているつるを取ってあげると、
木はすっきりとして大喜び。のびのびと健やかに成長してくれます。
そして森全体も美しくなります。森に入ると森のおかあさんとひとつに
なり安心とよろこびに包まれます。
山のおかあさんが大笑いするでしょう!
               ∞
               春の森 
          木々のつぼみはふっくらと
          鳥のうた声はよろこびの歌 
          木の語る言葉に耳を澄ませ
          大地の鼓動をカラダで感じて
          春をみつけに森にきませんか?
               ∞
☆お昼のお弁当と飲み物は持参してください。
*鎌はこちらでご用意しますが、小型の剪定ばさみを持っておられる方は
使いやすいので、持ってきてください。
*服装 動きやすい格好で。(てぶくろ、タオル、帽子など)
*尚、3/29雨の場合は翌日3/30に、更に雨が降った場合は翌土曜日の4/5
に行います。天候により予定を決めますので、お気軽にお電話ください。
       Tel: 0968-27-0212 アンナプルナ農園

主催 森の声:正木ラビ(アンナプルナ農園)、
森のお兄さん:熊本県緑化推進委員会 森づくりボランティアネット 
       藤本浩二 096-387-6260
  1. 2008/02/29(金) 12:44:42|
  2. 未分類

 《緑の箱船》
 
 みなさまどんな秋色の日々を過ごしていますか?
 農園では10月の初めに稲刈りを終え、のんびり竿にぶら下がって
日光浴していた稲を先日脱穀しました。 春、一粒一粒の小さな生命
だった種たちは超異常気象の中をアイガモたちと力を合わせて育ちました。
決して満足のゆく稲ではないけれど激動の2007年を共に生きたかわいい
かわいいお米たちが愛おしい。このお米の一粒一粒からエナジーをいただき
明日の生きる力となるんだなあ・・・。すべては循環しているという感覚に
いつも目覚めていれたらなあ・・・と思う今日この頃です。
 秋分を過ぎて。。。長年の夢だった「ファイアースペース」作りがいよいよ
現実に動きはじめました。先日このプロジェクトのカッチョイイ頭領、浦松
さんと阿部さんお二人に来ていただき現場でイメージをふくらませました。
できるだけ廃材やある物を利用して想像力を使って造りたいと思っています。
私の頭の中は《不定形なバーバパパの家》《ニョキニョキと生えてくるきのこ
のような家》《ムーミンの家》《トトロの住み家》《トロピックウタキ風呂》
などなど、どれもおとぎ話のようなふわふわイメージばかりで
「ごめんね頭領・・・」って感じなんですが、今回も現場に棒を立てヒモを
張っていた時に
「亀の形にしてみませんか?」って言ったら頭領たち妙な顔ひとつせず
「いいねえ亀にしようしよう!」って亀の形を作ってくださいました。
そんなコロポックルのような心やさしい大工さんたちと仲間たちで産み出す
《火を焚く家》ってどんな家になるんだろう?
 そこはまず電気を使わない家。
 森のおかあさんに包まれて火を囲みこどもたちも大人たちも笑顔に溢れ、
おいしいごはんがあって、音楽が溢れている場所。
 お母さんや子供たちがお料理やお洋服つくりなど自然な暮らしや衣食住や
森に関して学ぶ場。。。そんな火と水と大地を敬う地球家族の平和な息吹が
産み出されてゆくような場所になるといいなあ。。。
 一体何が生まれてくるのかしら?未知なる生き物?を産み出す創造の
プロセスを楽しみながら造りたいと思います。建築の知識がないチコと
私なので大丈夫かなあ?と心配になる事もあるけれど、今のところ困った時
には予想もつかない方法で新しい道が開かれて一歩一歩前へ進んでいます。
きっとこのファイアースペイスはみんなの場として開かれて行く運命にある
んだろうな。だから最初からたくさんの人が興味を持ち関わって来て下さる
のだと思います。
 先日、ファイアースペースの柱になる杉を農園の中心にある杉林から20本
間伐しました。その林はもう何年も前から暗~い森で間伐をしたかった場所
でした。山仕事の達人お隣のカッチャンが颯爽と登場し、ちょうど間伐をし
たくてたまらない~!と言っていたムビラトロンのotoさんと龍ちゃんも一緒
に間伐をする事になりました。
 浦松さんから、木を切る時には、すべての木にお祈りをしてからお神酒を
かけてくださいと一升瓶のお酒を渡されていました。かっちゃんが間伐する
木を選ぶと、お祈り係りの私は一升瓶から杉の根元にお神酒を捧げます。
そうして「森のおかあさん、杉の神さま今までこの森に生きてくださって
ありがとうございます。これからもファイアースペイスの柱として私たちを
お守りください。ご活躍ください。」と祈り、大好きだよ~って杉の木に
ハグハグしてお祈り完了です。そうして勇ましい男子のみなさんがチェンソー
でウィ~ンと切るのです。そのように1本1本心を込めて間伐してゆくと、
暗くて淋しい雰囲気の森にみるみる光が射して明るくなってきました。
ああ間伐ってすごい!こんなにも間伐をする事によって暗かった森の表情が
明るく嬉しそうに変化するなんて。。。実際に森の変化を見てしまうともう
マジっすか~!って驚きなんです。木を植える事は大切。でも森が健やかに
成長していくためには下草刈りや間伐など心のこもったお手入れが大切な
んだなあ・・・って改めて感じました。間伐をして森も喜び、森から柱のプレゼント
をいただいた。杉の木はファイアースペイスを支える柱としてこれからどんな
ドラマが始まるのだろう?そして私たちのどんな人生劇場を目撃するのだろう?
 森の中に勾玉風な形の石があったので、この森の神さまになってもらいました。
仕事を終えて石の前でお祈りをしていると、遠くからフシギな調べが聴こえてき
ます。アフリカの親指ピアノ、ムビラ奏者の龍ちゃんは森の精霊さんのように鳥
のダンスをしながら光あふれる森でムビラを奏でていました。キラキラとたくさん
の木霊たちが笑いながら踊ってるみたい。。。たくさんの森を愛する人たちの手
で造りたいと願っていた《緑の箱船》はこんな風に始まりました。。。これから
一体どんな物語が展開していくのでしょう?ファイアースペイスを創造する
プロセスでたくさんのステキな出会いが波紋のように広がるような気がしています。

 大洪水が起こるとを知ったノアが箱船をつくったように、崩壊してゆくバビロン
(物質文明)を脱出して、地球のお母さんを敬い大地に根をはり生きることを決めた
魂の兄弟たちはともに《緑の箱船》をつくるよ。。。         (ラビ)
  1. 2007/11/06(火) 22:37:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ありがとう森の感謝祭◎新たな展開



親愛なる地球家族のみなさま◎
10月というのに真夏のような暑さが続きますが
いかがお過ごしですか?
アンナプルナ農園は10月3日に稲刈りを終えて
稲たちはのんびりと竿にぶら下がって日光浴をしています。
春、一粒一粒の小さな生命だった種たちは超異常気象の中をアイガモたちと
力を合わせて育ちました。
決して満足のゆく稲ではないけれど、2007年を共に生きたかわいいかわいい
お米たちです。
チコと私はまるで一年の仕事を納めたような気分になりうれしくて
これから始まる新たな展開にわくわくしています。

9月23日秋分の森の感謝祭に来てくださったみなさま
ご近所からそして遠くから来てくださり本当にありがとうございます。
出演して下さった真砂秀朗さん、サヨコオトナラアリワ、ミナルさん
内田ボブさん、大さん率いる九州ジェンベクラブのみなさんありがとうございます。
今回は出演者が入れかわり立ちかわりにそれぞれの出番にゲスト出演して
地球家族実験ライヴのようでとっても素晴らしいコラボレーションでした。
ミナルさんとチコの奉納の舞と歌は息がぴったりでミナルさんがみどりの妖精になってて
美しかったなあ。
サヨコオトナラの奈良さんのアイディアで今回オームシャンティのナイヤビンギ
バージョンを出演者みなさんと九州ジェンベクラブのみなさんとやりました。
ものすご~~く気持ちヨカッタです。また出来るといいなあ。
真砂さんのインディアンフルートの音色は山や森に浸透し溶け合ってうっとりしました。
真砂さんのフルートと一緒にチコラヴィで歌った「巡礼」本当に気持ちよくてうれしかったです。
ボブさんの演奏は夕暮れ時で似合っていたなあ・・・でもボブさんの出番よりも狂言の翁みたく
変身した夜のボブじいがあまりにもインパクトありすぎでした。笑
そしてサヨコオトナララララ~☆~松明がぱちぱち燃える中、
サヨコさんがリクエストに答えてくれて「上を向いて歩こう」を歌ってくれた。
本当にうれしかった◎
いつもいつもありがとうサヨコオトナラ◎そして天使のようなアリワ◎
今年で2回目の郡上踊りも焚き火の周りをみんなでワと鳴り楽しかったね。
九州ジェンベクラブもいつもパワフルな演奏ありがとう◎焚き火にジェンベとダンス、
とってもステキでした。

そして今回のお祭を支えてくれたPAの浅川さんありがとう。
秋山くん、ちーちひろこ、宮崎さん、まっちゃんふみちゃん、
かっちゃん、みんなみんな立ち上げから手伝ってくれて
本当にありがとう◎みんなのサポートで素晴らしいお祭となりました。
かわいいバザールを開いてくれたお店のみんなも本当にありがとうございます。
もっとひとつひとつのお店をゆっくり見て回りたかったな。。。
映像を撮ってくれたヒロシありがとう。これからも映像関係充実させていこうね。
それからステージの進行や色んな事サポートしてくれたOtoさんありがとう。

太陽キラキラ大地の上、みんな笑顔で歌い踊り地球人の家族とつながった
祝福の一日でした。森の木たちも心地よい音楽に身をまかせて風にさらさらと
葉っぱを揺らしてとってもうれしそうでした。
山水人からはあさやんとサワさん屋久島の詩宙さんが登場して、夜になると
ステージを終えたボブさんはだいぶ上機嫌(うれし過ぎてちょっとやらかして
しまったバビロン翁?だけど・・・笑)オヤジ達のディープな世界も
爽やかな流れの中でただの夢見事では終わらない現実のようで
リアリティありました。

そんなこんなで今年も無事に森の感謝祭が終わり、一年の恵みを森に感謝する事が
できました。みなさん本当にありがとう◎

そして秋分を過ぎて新たな展開が始まりました。。。
長年の夢だったファイアースペース作りがよいよ現実になります。

きのうはこの秋から始めるアンナプルナ農園の新しいプロジェクト、
ファイアースペース作りのカッチョイイ頭領、浦松さんと阿部さんに来ていただき
現場でイメージをふくらませました。
私のイメージでは不定形なバーバパパのお家や生き物のようにニョキニョキと
生えてくるきのこのようなお家、、、トロピックウタキ風呂などおとぎ話のような
イメージしかいつも湧いて来なくて、今回もイメージ作りの為に現場に棒を立てて
ヒモを張っていた時にインスピレーションが来て家を「亀の形」にしてみない?
って言ったらこんなおとぎ話チックな発言にへんな顔ひとつせず頭領たちは
「いいねえ亀にしようしよう!」って亀を形作ってくれました。
本当にわくわくするような楽しいファイアースペースになりそうです。
そこは電気を使わないお家。
電気を使わない火と水の神様が住む大地に近いお家です。
まだまだ書きたいことはいっぱいあるけど、今日はこのへんで。。。
みんなみんなありがとう◎

  1. 2007/10/07(日) 02:40:26|
  2. 未分類
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。